So-net無料ブログ作成
まみちゃん ブログトップ

まみちゃんレッスン復帰です。 [まみちゃん]

一昨年の10月突然の病の宣告から16ヶ月が経ちました、まみちゃんもまみちゃんのご家族も、本当に長く苦しい戦いでした。

そして、病に打ち勝ってまみちゃんは帰ってきてくれました!!嬉しいことに「またピアノが弾きたい、次の発表会には是非出演したい」と言ってくれたのです。

既に昨年10月から復学はしているのですが、まだ松葉杖が必要な状態で、学校はまみちゃんのために教室を一階に引っ越し、お手洗いやスロープなど工事をして迎えてくれたそうです。

まみちゃんは幼稚園教場の生徒さんなのですが、レッスン室は急な階段を上った二階、、、まだ上ることができません。

園長先生に「まみちゃんがピアノのレッスンを再開したいと希望しているので、幼稚園の一階教室を使わせてほしい」とお願いしたところ快諾して下さり、今日からまみちゃんのレッスンを再開することができました。

教材には一昨年の10月6日の日付、、、、「ああ、、、あの日以来だった、、、今日の日が来てくれて本当に良かった」そう思う一方で、以前まみちゃんのお母様がおっしゃっていたのと同じように「以前のように二階でレッスンできるのはいつだろう?発表会には松葉杖なしで出られるかしら?」とどんどん欲張りなことを考えてしまいます。

命があって、足もあって、また会えて、これだけでも充分素晴らしいことなのに、、、

「いつになったら松葉杖がいらなくなるの?」ってまみちゃんに聞いたら「いらなくなった時にいらなくなるんじゃない?先生はお母さんと一緒でせっかちね」と笑われてしまいました。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

1年ぶりの再会! [まみちゃん]

今日、また彼女の笑顔に会うことができました!

彼女が入院してから1年以上の時間が流れ、彼女は最新の治療を求めて金沢の病院に入院したのでお見舞いに行くには遠かったし、私自身彼女のために何ができるかを考えて、名古屋に残って子供同士でがんばって生活している彼女の弟姉妹をできるかぎり支えてあげ、彼女とご両親が少しでも治療に専念できるようにしてきました。

弟君が一緒に教室についてくるようになって「おなか空いた~」って言うから、「内緒だよ」と毎週おやつを一緒に食べたり、妹ちゃんがさびしさからかとても無気力な様子の時には「まみちゃんのせいでお勉強も部活動も頑張れなくなったって言うつもり??」ときつく叱ったこともありました、お姉ちゃんと一緒に大学のオープンキャンパスに付き添っていったこともあったっけ。。。。

私だけではなく、ご近所の方もおかずを分けてくださったり、弟君のトワイライトスクールの送迎を手伝ってくださったり、幼稚園の先生は卒園児でもある弟君をぎゅっと抱きしめてくださったり、、、

皆の祈りが天に届いたのでしょう。

いつも真っ黒に日焼けしていたまみちゃんだけど、色は真っ白、治療の厳しさを物語るように痛々しいほどに細くなってしまった身体、まだかつらもかぶっています。でも、私にはまみちゃんの姿が一年前よりも強く、大人びて見えました。

生きて帰ってきてくれてありがとう、心から感謝しています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

無題 [まみちゃん]

まみちゃんの病気を知って、たくさん泣きました。

発表会の日程も迫っているので、泣いている場合じゃない。
生徒さんのレッスンはもちろんの事、ホールとの打ち合わせ、リハーサル、当日のタイムスケジュール作り、写真屋さんとの打ち合わせetc
やるべき事は山ほどあります。自分の練習だってあるのに、、、

どうしてこんなに泣けるのだろう???
調べてみても、骨肉腫の治癒率は(5年後生存率)70%以上と高く、決して悲観するような数字ではありません。

生徒さんにはなるべく公平に、それぞれの方に精一杯接しているつもりで、まみちゃんだけに特別にと言う事はありませんでした。
たしかに、発達障害やアスペルガー、また幼い等の理由で多くの工夫や時間を割かなければならない生徒さんはありますが…

自問自答を繰り返しているうちに、生徒さんに愛情を注いでいるというよりも、生徒さんからたくさんの幸せを貰っている自分に気が付きました。
それぞれの生徒さんの成長を親御さんの傍らで一緒に楽しみに、幸せのお裾分けを頂いている事に慣れ切っていた。。。
幸せを当たり前だと思っていた。。。
ある意味、生徒さん達に依存しているのは私なのです。

これからも、生徒さん一人一人と深く関わり、精一杯愛情を注ぎ見守らせて頂く、私のスタイルは変わらないでしょう。
そして、まみちゃんとも、彼女の病気とも、ご家族ともしっかり向き合って行きたいと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

まみちゃん [まみちゃん]

この仕事に携わって20年になります。
大勢のお子さんをお世話させて頂いて来ました。

ピアノを教える事を通じて、いろんなお子さんの成長をご父兄の傍らから一緒に見守らせて頂き、とても幸せな仕事です。
どのお子さんも、みんな可愛くて、愛おしくて、私なりに一生懸命愛情を注いでいます。

まみちゃんは4人兄弟の2番目、小学校6年生です。
お姉ちゃんとまみちゃん、そしてまみちゃんの妹の3人をお世話させて頂いています。
まみちゃんのお姉ちゃんが現在高校2年生ですから、こちらのお宅とのお付き合いも10年以上になります。

ここ何年くらいだろう?いつ頃からか覚えていませんが、まみちゃん姉妹は幼稚園教場での一番最後の時間帯にやって来るので帰る頃には真っ暗になってしまいます。お母様は下のお子さんの手が離せないので、毎週まみちゃん姉妹はレッスン後に教室の片付けを手伝ってもらってから家に送り届けていました。
まみちゃんは3姉妹の中でも一番のおしゃべりでお調子者、遊びを思いつく才能は天下一品!
私にとって、彼女達を送り届ける一時はとても楽しい時間でした。

昨日、3番目の子(小4)が一人でレッスンにやって来ました「あれ?まみちゃんは?」と聞くと「入院した」と答えます。
「は?インフルエンザ?」と聞くと「ううん、足が痛いって土曜日に近くの医者に行って、それからS病院に行って、M大病院に行って、今日また別の病院に入院した」何か、大変な事のようだけど小4のお子さんから聞き出せる情報はここまでです。
遅れてまみちゃんのお姉ちゃん(高2)がやってきたので、もう少し詳しく聞くと、、、
腫瘍ができているらしく、当分入院するから発表会には出られないそうです。

腫瘍、土日にも関わらず大病院を転々として急いで検査をしている、、、嫌でも恐ろしい事が頭をよぎります。

先ほど、お母様からお電話を頂きました。
「親がちゃんとお話ししなくてはならないのに、子供任せにして申し訳ありません。何しろ急だったのでご連絡する時間も無かったので…」
どうやら、病院の公衆電話からご連絡くださっているみたいで、時折看護士さんらしき方とお話をされたり、かなり慌ただしい様子です。

「単刀直入に言うと、骨肉腫です。少なくとも1年以上の入院治療が必要なので、ピアノは続けられませんし、発表会も出られません。学校ももちろん行けないので、落ち着いたら院内学級に通う事になると思います。他の子供達には出来る限り今まで通りの生活を送らせてあげたいので、明日のリハーサルも発表会も参加させますし、今後のレッスンも本人達が希望する限り継続させたいと考えています。」との事。

「本人は昨日告知を受けましたし、他のお友達にも病気の事は隠さずに話して頂いて構いません。治る希望も無い訳ではありませんから、どうぞ彼女のために治る事を祈って下さい」と、涙をこらえていらっしゃる様子が受話器越しに伝わって来ます。
「先生にまで辛い思いをさせてごめんなさい」と、私の事も気遣って下さいます。

受話器を置いてから私は泣き崩れました。あまりにもショックで、辛くて、悲しくて、、、まみちゃんが可哀想で。。。
とにかく、泣くだけ泣きました。
今も胸が張り裂けそうに辛いです。

今はまだ、頭の中が整理できません。
でも、あと2時間したら今日も生徒さん達がやって来ます。笑顔で迎えて、精一杯レッスンしてあげなくては!!
そして、まみちゃんを慈しんで見守っている一人の人間として「自分に何が出来るのか?どうすれば良いのか?」冷静に考えなくては、、、、

追記
この記事を書いて、ちょっと気持ちが落ち着きました。
ダメだね、私、凹んでいる場合じゃありません!!
病気になったって、まみちゃんはまみちゃん!私の可愛い生徒さんの一人です。今までと同じように私なりの愛情を彼女に注ぎ続けます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
まみちゃん ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。