So-net無料ブログ作成

ヨーロッパ式レッスン(その後) [レッスン日記]

勝手に名付けた「ヨーロッパ式レッスン」

Hちゃんは着々と通って来ます。しかも、よりにもよってバレー部に入ったので(笑)部活の帰りに体操服のままやってきます。

でも、大きな変化が訪れています。

Hちゃんが「学校の合唱祭の伴奏がしたい」と言い出したのです。
これはチャンス到来です、まず彼女が弾けるように楽譜を編曲して書き直しました。ポイントは長い曲に感じないように合唱部分を省き3和音は2つの音に、オクターブは単音に、もちろん原曲が壊れない程度に。
シャープ、フラットは♪に赤と青の丸印を付けました。

1ヶ月くらいで最後まで音が出せるようになったので、次に合唱部分をくっつけてオクターブを8割ほど元に戻した楽譜を渡しました。合唱部分はピアノパートよりも小さくなるように設定して、ピアノの楽譜を見やすいように細工してあります。
ペダル記号も書き足しました。

このような作業はパソコンのフィナーレと言うソフトで行っています。とっても便利です。

最近Hちゃんは家でもピアノを弾くようになったそうです。
お姉ちゃんから「うるさい」とクレームがありました(笑)
私にとってはとても嬉しいクレームです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。